療養型病院 仕事 給料

療養型病院 仕事 給料

療養とは、病気やけがの状態を改善するために、日常生活からしばし離れ休養することである。英語では健康状態を回復させると言う意味のrecuperationが訳語に当てられることが多い。

 

しかし、結核など一部の疾患では自分自身を看護し、養生すると言う意でnursingと言う単語が用いられることがある。長期療養をする人のための施設がサナトリウムsanatoriumであるが、本来は感染力の高い結核の患者を専門的に療養させるための施設の呼称であったのが、現在では、依存症、摂食障害、うつ等の精神科領域の疾患、アルツハイマー、脳血管型、レビー小体型等の認知症、脳血管障害の後遺症でリハビリテーションが必要な人が利用する施設の呼称にも転用されるようになった。

 

療養型の場合、病状が安定している方が多いので、
急性期の病院よりも雰囲気が安定していて、良いと思います。

 

どちらかというと、若い方よりも、育児中や既婚者のナースが多い気がします。

 

給料的には、急性期の病院とあまり変わらないのですが、夜勤が少し少なくってしまうので、その点では給料が少し下がるかもしれません。

 

職場の雰囲気と給料。どちらを取るか悩ましい所ではありますね。。