心臓血管外科

心臓血管外科

循環器内科が狭心症や頻脈等循環器の問題を投薬、生活指導等によって解決し、患者の日常生活を支えていく科であるのに対し、心臓血管外科は外科手術によって患者の命の危険を取り除く診療科である。

 

この科の診療対象となる疾患の中でも特に有名なのは、狭心症および心筋梗塞などの冠動脈(心臓を取り巻くように存在し、血液や栄養を供給するパイプ役)疾患であるが、ほかに右心房左心房、心室などを仕切る心臓弁膜の疾患、冠動脈につながる大動脈の疾患などもこの科が得意とする疾患だと言われている。

 

心臓および血管系の手術には細かい技巧が必要なので、同じ心臓血管外科を看板に掲げていても医療機関によって得意とする手術が異なる。特に有名なものに拡張型心筋症の手術のひとつバチスタ手術、大動脈瘤手術における人工血管の挿入手術などがある。

 

心臓血管外科の求人も看護師求人ナースフルにありますよ。