看護師 給料 ランキング

友達の方が給料が高かった・・・。

他人の給料は気になるものですよね。
私も夜勤などかなり頑張っていたのですが、
ある日、ナースの友達の給料を聞いて私より多かったので驚きました・・・。

 

 

その後、看護師の転職支援サービスに登録してキャリアコンサルタントに
聞いたところ、個人の能力も大事ですけど、どんな病院に就職するかがやはり一番大事だそうです。

 

 

一般的には、地方よりも都会、小さい病院よりも大病院の方が
給料が高い傾向にありますが、だれでも就職できるわけではないので、
そこは、転職コンサルタントとよく相談して作戦を立てる事が大切です。

 

 

転職コンサルタントも、転職を成功させれば、自分の業績になるので、
私の今の実力で最大限の給料が出るまたは、待遇の良い所を全力で紹介してくれるので
ハローワークを使うよりは転職しやすいと思います。

 

 

このページでは、数ある看護師転職支援会社の中から、ナースの給料をアップさせてくれる
凄腕のサービスを厳選してランキングで紹介します。


皆が給料アップさせている3つの看護師求人サイトを紹介!

ナースフル

一番好条件の求人が見つかるのは、ナースフルだと思います。

 

ナースフルは、転職のプロのリクルートが運営しているので
求人の数も他の転職支援サイトに比べてダントツに多いです。

 

科目別、自分の住んでいる沿線別、NICUにつとめたい、
待遇の安定している公務員が良い、休日が充実している
所が良い、

 

などいろいろな要望に応えてくれるので心強いです。

 

 

今働いていても、「看護師さんは忙しい」という事がわかっているので、
履歴書の書き方、面接日程調整、退職手続きの手配など
事務手続きも手伝ってくれるので今働いている方に
特に人気が高いです。

 

 

サポートも、転職業界トップの実力があるので質が高いと
評判です。

 

条件の良い求人は非公開求人と言って一般には公開されていないので
まずは無料登録してキャリアコンサルタントに聞いてみると
良いでしょう。

 

対応地域は、首都圏・東海・関西・九州エリアです。
このエリアでは圧倒的に強いので、このエリアで転職、再就職を考えている
方は、チェックしておくと良いですよ。

 

 

ナースではたらこ

10万円の転職支援金が欲しいという方は、ナースではたらこ
が良いかもしれません。

 

運営しているのは、ディップで「バイトルドットコム」「はたらこネット」
などを運営している人材系に強い会社です。

 

 

楽天リサーチ調べの、看護師人材紹介の満足度1位も受賞しており
利用した方の満足度も高くてよいと思います。

 

特徴
・happy ボーナス 最大10万円
・非公開求人
逆指名転職(働きたい病院の求人がなくても交渉してくれる)
・専任コンサルタント
・無料サポート

 

対応地域:全国

 

 

看護のお仕事

地方での就職を考えている方、転職支援金が欲しい方(最大5万円)は
看護のお仕事もよいと思います

 

 

看護のお仕事は地方での求人に特に力を
入れているので、他のナース求人サイトでは出てこない
求人があることがあります。

 

対応も早いので、登録すると営業時間なら数分以内に
確認の電話がかかってくるそうなので、急いでいる方にも
良いと思いますね。

 

ランキングは3位ですが、それでも毎月21位万人が利用される
大手のサービスです。

 

無料登録は60秒ほどで終わるので地方に就職したい方は
登録してみると良いと思いますね。

 

ねらい目の一般病院とは??

 

 

一般病院の看護師求人を探す際には、
新規病棟立ち上げや医療体制の充実などのために大幅に人員を増やすところが狙い目だと言われている。
人手不足を補いために、資格を持っていながら看護の仕事をしていない

 

潜在ナースへの復職講習を積極的にしている病院も多いので、
もう一度看護の仕事に挑戦したいと言う人は、病院ホームページなどからプログラムを探してみるとよいだろう。

 

大手の病院が、新規の病棟と立ち上げる時は特に入りやすいので、
ねらい目という事です。

 

しかし、大体が非公開求人なので、一般の人は応募できないです。。

 

看護師求人支援サービスの、コンサルタントの所にはこういう求人が
たくさん入ってきているので、連絡をちゃんと取り合っておけば、
自然に就職できたりしますよ〜。

 

毎年何人くらい看護師が辞めているか??

多くの人が知っているように、長い間医療の世界では看護師の不足が叫ばれてきました。看護師の制度は100年を超えていますので現在の看護師の数というのはほぼ循環しているといってもいいでしょう。循環というのは言葉を変えると毎年定年などで辞めていく看護師と新卒で看護師となる人の均衡が保たれているということです。もちろん看護師を辞職する人も多く、それを含めて均衡が保たれているということになるのです。看護師はここ数年では毎年5万人弱の新しい看護師が誕生しています。年度によっては5万人を超えることもあります。これだけの看護師が誕生しても看護師の数が充足されないのは前述したように毎年定年などで辞めていく看護師がいることと、看護師の職が向いていなくて離職していく看護師がいるためです。それでも5万人という数字はすごいものだといえるでしょう。一般的に看護師の離職率は高いというように思われていますが、一般の職種と比べてもそれほど変わるものではありません。それでも確かに専門職と呼ばれる職種の中では離職率は高いといえるかもしれません。それは、専門職が代わりのきかない仕事であることも影響していることでしょう。私たちが離職の際にハローワークに行くのも、次の仕事を探すためであることは間違いないのですが、それ以上に、離職した際にもらえる失業手当にあるということは間違いありません。ハローワークにはそのような役割もあるのですね。

 

ちなみに、次の就職先を探す場合は、看護師の転職支援会社の方が専門知識や
業界に詳しいので、ハローワークよりも便利でよいと思いますよ。実際利用する人が多いですしね(^o^)